子供は元気が一番!

「子供は元気が一番!!」「教師も元気が一番!!」

「白ゆり幼稚園の一番の〝特徴〟は…??」とよく聞かれます(^_-)-☆

白ゆり幼稚園の一番の〝特徴〟は… なんと言っても

子供達が「元気いっぱい!!」だということです(#^^#)

「元気いっぱい!!」と言っても、元気に走り回り、大声で、快活… だから「元気!!」という

ことではありませんよ(笑)

白ゆりっ子は〝心が豊か〟なんです☆彡 

「元気な子供」とは〝心が豊かな子供〟のことです(*^^)v

 

そしてもう一つ… 園長の〝一番の自慢〟『チーム白ゆりのスタッフ達』です(^_-)-☆

「子供は元気が一番!!」「教師も元気が一番!!」

元気いっぱいの白ゆりっ子達の毎日の幼稚園生活に向き合い寄り添う〝個性豊か

チーム白ゆりのスタッフ達(#^^#)

 

白ゆり幼稚園の〝一番の特徴〟は〝心が豊か〟な元気な子供達と、その子供達の

幼稚園生活に寄り添い、向き合う、〝個性豊かな教師達〟です☆彡

 

第1学期『保育見学会』と『体験入園』を行います!!

①第1学期『保育見学会』  7月3日(水)・4日(木)・5日(金)

 令和2年度年少児での入園第20期2歳児教室「つぼみぐみ」への入会

 希望されるお子さんを対象に行います。

(年少児入園…H28.4.2生~H29.4.1生)

(つぼみぐみ…H29.4.2生~H30.4.1生)

 *見学予約の必要はありません。期間中は何度でも見学出来ます。

 *10:00~12:00の間にご見学下さい。

 *お子さんと保護者の方の上履きをご持参下さい。

 *駐車スペースの用意はありません。ご留意下さい。(ラルズ駐車場には駐車しないで下さい)

②第1学期『体験入園』 7月6日(木)10:00受付 10:30~11:30

  令和2年度年少児での入園第20期2歳児教室「つぼみぐみ」への入会

  希望されるお子さんを対象に行います。

 (年少児入園…H28.4.2生~H29.4.1生)

 (つぼみぐみ…H29.4.2生~H30.4.1生)

 *参加には予約が必要です。参加ご希望の方は6月24日(月)朝8:00から

  ホームページよりご予約下さい。

 *お子さんと保護者の方の上履きをご持参下さい。

 *駐車スペースに限りがあります。ご留意下さい。

 

白ゆりっ子達とチーム白ゆりのスタッフ達の様子を保護者の方の〝目〟でご確認頂き

幼稚園選びの参考にされて下さい(#^.^#)

 

 

 

 

とっても嬉しい一言… 励みになります(*^-^*)

運動会が終わり、保護者の皆さんから感想と共にたくさんの嬉しい言葉を頂きました(*^^*)

もう、嬉しくて… 嬉しくて… いくつか紹介させて下さい(笑)

 

運動会、無事に終わり、お疲れさまでした(*^_^*)

とても感動し過ぎて、オ-プニングの入場から泣いてしまいました(笑)

「今までどれだけ先生と子供達が練習をしてきたか?!」と想うと、涙が止まらなくて…(>_<)

子供達のあきらめないでやり遂げようとする気持ちは、本当に素晴らしいです!!

お友達を応援している姿もとっても素敵でした

組体操や大繩跳びなど… 普段の家では見せない真剣な表情を見ることが出来て、本当に良かった(^^♪

運動会… 本当に感動しました!! ありがとうございます(^_-)-☆

「どうして先生達は子供達をあんなに見事にまとめる事が出来るんだろう?!」と、感心します(笑)

とってもステキな感動を頂きました☆☆☆

入園した頃の我が子から、あの運動会での姿は想像が出来ません… 先生がしっかりと我が子を

見守り、伸ばして下さった事… 本当に感謝です(*^_^*)

先日の運動会は、オープニングから泣きそうになってしまいました(>_<)

ついこの間まで、私のそばから離れられず、自分から進んで何かをするなんて想像も出来なかったのに

運動会ではみんなと協力して、お遊戯をしたり、かけっこしたり、我が子の成長を感じる事が

出来ました(^_-)-☆

とても嬉しかった運動会でした!! 先生方の毎日の温かいサポートのお陰です…感謝しています。

先生の〝かすれた声〟を聞くと、子供達にたくさん指導して頂いているのが伝わり、出来ない事が

どんどん出来るようになって行く娘に、毎日驚かされ、それと同時に、先生には感謝の気持ちで

いっぱいになります(*^^*)

運動会お疲れさまでした!! たくさんの感動をありがとうございました

バルーンやお遊戯は、みんなで力を合わせて素晴らしい完成度でしたね(*^_^*)

タンカリレーの1位… 嬉しかったですね(^^♪

親、子供達… それ以上に先生の嬉しさが一番伝わりました(笑)

素敵な思い出になった運動会になり感謝しています

運動会本当にありがとうございました!! 感動の嵐でした(笑)

あんなに小さかった我が子が「成長したなぁ~」と、胸が熱くなりっぱなしでした(*^^*)

私もパパも泣き虫なので、ずっと泣いていて… 泣きすぎて二人とも頭が痛くなり

バファリン飲みました(笑)

運動が苦手な我が子を見ていてドキドキしましたが、立派になってくれました!!

先生達の熱心な指導のお陰です☆ 先生の温かな気持ちが我が子に伝わって頑張れたのだと

思います(*^_^*) 本当にありがとうございます

やっぱり『白ゆり最高☆』って思いました(*^^*)

先生達の頑張る姿、声かけ、笑顔、応援の熱意… 1日中ずっと感動しっぱなしでしたぁ~!!

本当に毎日見守って育ててくれてありがとうございます☆☆☆

 

その他にも…

書ききれない程のたくさんの〝嬉しい言葉〟を頂きました!!

励みになります(^_-)-☆ 勇気になります(*^-^*) もっともっと頑張れます!!

チーム白ゆり スタッフ一同、心よりお礼申しあげます…

 

 

 

安心…(^o^)

人見知りの時期を過ぎると『お母さんに〝安心感〟を持っている子は他人に対しても〝安心感〟を持つ』

という話を聞きました。

自分に関わる周りの人を信頼し、そして、自分自身をも信頼出来る人間になるためには

乳児期の子供の要求を出来るだけ聞き入れてあげることが大切だと言っています。

 

乳児期の人見知りの強い時期を過ぎた後は、ママに対する〝安心感〟あるいはパパやおばあちゃん

おじいちゃん… 幼稚園の先生 のような身近な人に対する〝安心感〟を基本として、自分の周りの

人を見るそうです。

他人に対する〝安心感や信頼感〟の大きい子供が、自分自身に対する〝信頼感〟を持つのです(*^_^*)

乳児期に親が子供の泣き声や要求に、イライラしながら… 時には虐待に近い乱暴な子育てをされた

子供は、他人に対する〝恐れ〟〝不信感〟が大きいので、他人が差し出してくれた手の中には

入って来ようとしなくなります(>_<)

親は、手のかからない子が〝良い子〟と思ってしまいがちですが、それは、ただその時に

「育てやすかった」ということだけなんですよ。

いくら泣いてもぐずっても、親が気付かなかったり、面倒を見てくれないでいると、子供は

泣いて訴えることをしなくなります。それは、忍耐強いとか我慢強い子になるということでは

決してありません!!

「泣いたって、叫んだって無駄なんだ…(>_<)」という、親に対する〝不信感〟と自分自身に

対する〝無力感〟を持つ『おとなしい子』になっているだけです(>_<)

 

そう考えると「手のかかる子」の方が〝良い子〟かもしれませんね(*^_^*)

「手のかかる子」の方が、ママやパパから愛情をかけてもらえる機会が多いので、長い目で見れば

「育てやすい子」ですよね(笑)

乳児期に親に〝楽〟をさせてくれる子が〝良い子〟というわけではありません!!

親は、子育てのどこかの時期で、子供の出すサインを絶対に見逃さず、我が子のために、とことん

〝心と手〟を掛けてあげなければなりませんよ!!

過保護&過干渉『子供の敵!!』ですが、幼い時期に手掛けてあげればあげる程…

パパとママにとっても… 子供にとっても…『良いこと☆』がたくさん待っていますね(*^_^*)

 

 

 

 

 

育ち合い… 〝子供は一人で育たない〟

子供は自分一人で育つというわけではありません!!

同年齢の子供達と育ち合うのです。

お父さん、お母さんは、我が子と一緒に育ち合ってくれる他の子供達の存在も意識しなくては

なりませんね…

 

子供は育つというより〝育ち合う〟のです!! 我が子が育っているということは、我が子と

一緒に育ち合ってくれるお友達がたくさんいるということなんですよ(*^_^*)

子供は〝子供同士で育ち合う〟ということを忘れないで下さい!!

親はどうしても〝我が子だけ〟を一生懸命育てようとしてしまいますね…

勉強は学校の先生から… サッカーや水泳はスポーツクラブのコーチから…

ピアノはピアノ教室で… 英語は外国人講師から… etc

「大人から色々なことを教えてもらっていれば大丈夫!!」なんて思っていませんか?!

「家庭では親がきちんと躾けをしてさえいれば申し分ない子に育つ!!」と勘違いしていませんか?!

確かに知識が増え、スポーツのスキルも伸びるかもしれませんが、子供の〝人間性〟はそれだけでは

決して伸びません!! 大人は、勉強が出来たり、スポーツの能力が優れていると「良い子」

思いがちですね… でも、違いますよ!! 算数や国語の成績が良くたって、サッカーが上手だって

それだけで、子供の〝人格が育っている〟と勘違いしないように注意しなければなりません。

 

不登校や家庭内暴力、非行などで悩んでいる子供達に共通していることの一つが

「大人からしか学んだことが無い…」ということだそうです。

子供は、子供同士で教え合わないと社会に適応する能力を身に付けることが出来ないのです(>_<)

仲間や先輩、後輩から何かを学ぶ態度や習慣が身に付いていない…

仲間から何かを教えられたり… 何かを教えたり… そんな習慣や感性がないのです(>_<)

我が子が、これからの人生を生きて行くためには『人間関係の中で生きる習慣』を身に付けなければ

ならないことを絶対に忘れてはいけませんよ!!

これは、大人が教えてあげることが出来ないものなのです!!

 

幼児期からの同年齢のお友達との遊びの中から年相応に身に付いて行くのです(*^^*)

子供同士で〝育ち合う〟環境は、とっても大切です!!

子供同士で遊び合い育ち合う環境… お友達と夢中になれるものがある環境は

とっても大切です!! まさに、『幼稚園』がその環境ですね(^_-)-☆

 

お父さん、お母さんは、そんな環境に我が子を上手に導いてあげること…!!

我が子と〝育ち合ってくれる〟友達も一緒に育てること…!!

『子供は〝育ち合う〟のです(*^^*)』

 

 

 

大切な〝はじめの一歩〟

子供達を取り巻く環境に大きな危惧を感じます。近年日本は、人口減少…すなわち〝少子化〟が深刻な

問題として取り上げられていますが、もっと深刻な問題は、人口の減少より、人間の『質』低下では

ないでしょうか!?

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎氏は「人間の質の低下は人口減少よりも深刻で、質の悪い

人間がどんどん増えても何にもならない(>_<)」と言っています。

 

掃除の力で人を変えたいと全国に130からなる支部を持つ『掃除の会』を設立し

『大きな努力で小さな成果を…』をモット―に

「やっておいて良かった!!」「言っておいて良かった!!」「会っておいて良かった!!」の道を

進んで欲しい…。〝大きな努力で小さな成果を出す(誰にでも出来る簡単なことを誰にも出来ない

ほど続ける)〟これが、『掃除の会』の理念だそうです(*^_^*)

自分の権利を目いっぱい使おうとする世の中にあって、与えられた権利や権限を使い果たさないという

考えです。とっても大事な考え方ですよね…

鍵山秀三郎氏は、10年以上前に中国の大学生と共にトイレ掃除をしたそうです。

中国の習慣なのでしょう… 水洗トイレにも関わらず、水を流さず、前の人の大便の上に自分の用を

足す… 「どうしてか??」と問うと、「なせ?自分が前の人の始末をしなければならないのか?!」

鍵山氏は学生達の前で、素手でトイレ掃除を始めました!! 以来。その学生達は変わったそうです。

現在の日本の〝三大欠点〟「気が付かない!」「動かない!」「「我慢しない!」の3つです(>_<)

何でもいいから、何か一つを一生懸命にやると、必ず次へやりたくなる!! これは真理です。

もし、宿題に手を付けない子がいたら「やりなさい!」と言わずに「一つだけでもやってごらん(*^^*)」

と言って下さい。大切な〝はじめの一歩〟になりますよ☆☆☆

 

日本は、昔は世界から『家庭の教育力は世界一☆』と評価されていました… 

現在でも。これからも。そう評価され続けたいですよね…

 

 

 

『幸せになる基本!!』

家の中には『子供が幸せになる基本』があります。
赤ちゃんが産まれます。何色にも染まっていない赤ちゃんです。
これから先、この赤ちゃんを『どんな色に染めるのか?!』は親次第です。
すなわち、どのように育てることも出来るということで、親の責任は大きいですね。

子育てで一番大切なのは〝幼児期の育ち〟です!!
幼児期にしっかりと『躾』をされた子とされなかった子では、その子の幸せに雲泥の差が出てしまいます。

『躾』がしっかりと身に付いている子は、親から貴重な財産を貰ったことになり『躾』をされずに育った子は、大人になってもどんな人間になるかは想像がつきます。
幼児期の『躾』は、お子さんのこれからの成長の大切な土台になるのです。

『躾』がしっかりと身に付いている子は、その子の〝根っこ〟がしっかりと育っているということです。
〝根っこ〟がしっかり土の中で張りめぐっている木は、強風にも日照りにも強く、葉が生い茂りたくさんの実を付けますね。
子供も同じです!! 幼児期の『躾』と様々な体験が心を育てます!!

「やってみたい!!」という〝意欲〟や友達を思いやる〝優しさ〟や我慢が必要な時に我慢出来る〝忍耐力〟や「最後までやり抜く!!」という〝粘り強さ〟は幼児期にその基礎が培われ、家庭の力でさらに大きく育って行きます。

これこそが『子供の根っこ』であり『子供が幸せになる基本』なのです。
そして、それは正に家庭の中にあるのです!!

しかしながら、今の世の中、家庭だけの力で『子供の根っこ』を育てることは、難しくなって参りました。
家庭と幼稚園が、互いに手を取り合って取り組めば、一層の成果が期待出来ます。

札幌白ゆり幼稚園は、開園以来『子供の根っこ』を育てることを教育の柱にして様々な経験や活動を通して、「心の力」「学ぶ力」「体の力」を育み、大きな成果をあげております!!
ぜひ、本園の子供達の様子をご覧下さい。